JAPPUカサイ


最初に、全身のマッサージで、自律神経のバランスを調整し、リンパの流れや血液循環を良くしてから行うと効果が上がります。大腿部、臀部、腰背、腹部を中心に施術し、腰と臀部をストレッチし骨盤の位置を整えていきます。

 

コース時間による施術の違いは、

90分コースではJAPPUカサイのためのマッサージ(大腿部、臀部、腰背、腹部)で、うつ伏せがメインになり脚の前面や肩、デコルテなどは時間的に難しくなりますので、JAPPUカサイのためのマッサージ以外もご希望の方は120分以上のコースをオススメします。150分ですと腕や股関節回りのストレッチも含め全身可能です。マッサージの時間が長くなるほどJAPPUカサイへの効果が引き出されます。

 

当サロン基本の施術リンパドレナージュは

深層部の筋肉にしっかりアプローチし、全身のリンパや血流を循環させ老廃物を流しますので、JAPPUカサイの効果を最大限に引き出す施術になっています。

 

睾丸回りへの直接的なアプローチは 

基本的にはうつ伏せと仰向けで行い、うつ伏せでは四つん這いになっていただき、睾丸回りを丁寧にマッサージします。会陰からも前立腺を刺激しますので睡眠中の頻尿が改善されたりと効果が期待されます。

副睾丸や精管も刺激しますので精子量が増え男性機能改善も見込めます。

男性ホルモン(テストステロン)減少による男性更年期障害や慢性の腰痛でお悩みの方にもお勧めです。

 


 

睾丸回りへの直接的なアプローチで、四つん這いになっていただきますが、背中にはタオルをお掛けしています。恥ずかしいと仰る方には全身覆います。または、うつ伏せで寝たまま腰だけを浮かせていただくことも出来ます。痛みはなくソフトに気持ち良く施術させていただいています。刺激が強すぎる場合はお申し付け下さい。 (画像はイメージです)

 


 

睾丸マッサージで得られる効果

精液量の増加

男性ホルモン(テストステロン)の増加

更年期障害の予防、緩和

勃起力の増強

血行促進

腎機能回復

腰痛改善

背中の痛み改善

定期的に睾丸マッサージを受けることで早漏、EDの予防、回復が期待できます。


このように沢山の効果が得られる理由として

睾丸は普段下着やズボン、長時間のデスクワーク、車の運転などで圧迫され続けてうっ血しやすい状態になっています。こうした危険な初期症状を軽減するとともに、睾丸マッサージを続けることで、男性ホルモン(テストステロン)の分泌や精子の生産と言った睾丸そのものの機能が高まると言われているからです。

 

ペニスに流れる血液の量が増えれば、それだけペニスが固くなります。睾丸マッサージでは睾丸周辺の血流やリンパの流れを改善させるのでこのような効果が得られるのです。

 

しかし、注意しなければならないのが、睾丸だけをマッサージしてもあまり意味はないと言うことです。本来睾丸マッサージを行う前に、全身を1、2時間施術(特に背中から腰回り)し、自律神経系を刺激して、内臓やホルモンの働きを活性化させた後に約10分程行うものなのです。睾丸だけをマッサージしても、全身のリンパを流し、血液を循環させないと、血行が良くなったとは言えないのです。