意外と知らない!リンパの話

近頃、「リンパの流れを良くする」とか、「リンパマッサージ」などよく耳にすると思いますが、リンパが病気予防と美容に役立っているものでありながら、血管のように目には見えないものなので、よく分からないと言う方が多いのかなと思います。実際、お客様からも「リンパってなに」、とよく質問されています。そこで、ここではリンパのしくみと、リンパの流れが良くなると美容と健康にどのような効果があるのかご案内していきます。

 

 リンパってそもそも何?      

リンパとは大まかに、リンパ液、リンパ管、リンパ節からなる組織で、血管と同じように全身に細かく張り巡らされています。

ここでは、そのリンパを分かりやすくご案内していきます。 


 リンパ液って?

人の身体の水分比率は、どれくらいかご存知でしょうか? 人の身体は、6070%が水分でできています。

 

水分とは、血液、リンパ液、組織液のことです。ケガをしたときに、透明な液体が出てくることがありますが、これは細胞の周りにある栄養水である「組織液」です。

 

採血をした後に、試験管の中で半透明な液体が、上澄みに出てきますが、それが「血しょう」という成分で、この血しょうが血管の外にしみだすと、「組織液」になります。

 

して「組織液」がリンパ管に回収されると、「リンパ液」となります。つまりンパ液とは、組織液であり、血液中の血しょうなのです


 

リンパの構造は?

 

半透明だった血液の上澄みの血しょうは、血管の外にしみ出てリンパ管に吸収されるころには、無色透明になっています。

 

 細くて透明なリンパ管も透明な管です。リンパ管は、血管と同じように、身体の隅々に張り巡らされていて、血管にからみつくように存在しています。

 

 リンパ管は、血管からしみ出た組織液を回収する際、一緒に細菌や異物も回収します。それらが身体を巡らないよう、リンパの通り道にあるリンパ節で、老廃物をろ過したり細菌を退治したりしています

 

リンパ節は約800個あり、全身のあらゆるところにリンパ管の中継地点のように存在しています。

 

中でも主要なリンパ節は8か所で、 耳の前、顎の下、脇の下、肘、腹部、鎖骨、足の付け根、ひざ裏にあります。

 

その中でも特に大きいリンパ節が集まっているのは、脚の付け根のそけい部、脇の下、耳のリンパ節です。

 

これらのリンパ節の働きが、活発であればあるほど、免疫機能が働き、老廃物をろ過する機能も働きます。

 

 手足の先の毛細リンパから、身体の中心に向かって太くなるリンパ管は、リンパ節を通ることでリンパ液をきれいにして、身体を健康に維持する大きなリンパのネットワークを形作っています。

 

血液とリンパ液の役割と違い

 

血液と言う川の流れと役割

 

血液とリンパ液は、体内を流れる川にたとえることができます。身体の中には二つの川が流れていて、どちらも最終的には心臓に向かって流れています。

 

まず血液という川の流れを見てみましょう。血液は心臓から動脈にはいり、毛細血管まで行きつくと、今度は静脈に入り心臓へと戻ります。

 

血液の主な役割は、動脈を通して身体に必要な酸素や栄養素を、各細胞に届け、静脈を通して身体の各部で発生した、老廃物や二酸化炭素を運びます。

血液は心臓の拍動(ポンプ機能)によって、身体を巡っています。

  

リンパと言う川の流れと役割

 

一方リンパ液という川の流れは、末端からはじまって静脈に合流します。

 

血管からしみだした組織液の中にある、タンパク質などの栄養素を心臓に運ぶ役目と、老廃物や組織液を回収しながらリンパ節でろ過し、静脈に運ぶ役目があります。

 

またよく知られるように異物の侵入を防ぐ役目も持っています。血液は循環しますが、リンパ液の流れは一方通行です。リンパ液の流れるリンパ管には、心臓のような強いポンプ機能はなく、自発的に収縮する機能しかありません。その機能によってリンパ液は、とてもゆるやかに流れています。

 

滞りやすいリンパの流れ

 

リンパ液の流れは、起きて活動しているときは、重力の関係で、ゆるやかな流れがさらに遅くなります。

 

心臓の位置が高いので、自発的な収縮だけでは、リンパ液がながれにくくなります。リンパ液の流れが悪いと、むくみとして特にふくらはぎに変化が出てきます。

 

夕方になると、ふくらがパンパンに膨れるとか、靴下を脱いでもあとが残ってとれないとか、靴が窮屈になってしまうなどで、むくみを自覚することになります。むくみは本来リンパ管に回収するはずの組織液が回収されず、残っている状態です。

 

血液ともつながっていますので、血行不良になり冷えやコリ、疲れが抜けにくい、代謝が下がり太りやすくなる、新しい細胞が作られない、身体の機能が回復しない、老化を早めるなど負のループなっていきます。

 

リンパの流れをよくするには 

 

血液は心臓の動きをポンプとして全身に栄養や酸素を届けますが、リンパ液は血液とは違い筋肉の収縮によって流れを作ることができます。

 

リンパの停滞を解消するには運動で筋肉を収縮させるか、マッサージで流れを作るしかありません。

 

運動不足だったり、長時間同じ姿勢でいることで、筋肉の運動量が足りずリンパ管が動かされずに停滞してしまいます。しかし、仕事をしていると毎日運動するのは難しいですよね。

 

 そんな時、効果的なのがリンパトリートメント!

 

リンパには浅いリンパと深いリンパ があり、リンパの流れの始まりは皮膚から一ミリほど下にある、手や足の先にある毛細リンパで、非常に細く傷つきやすい管ですので、やさしい圧で施術します。

 

逆に、深いリンパは身体の深部を流れ、血管に沿って内臓に絡みつくように張り巡らされています。深部リンパへの施術は程よい圧で深層筋へアプローチし、リンパの流れをよくすることで、内臓の働きが良くなる効果が認められています。

更に疲労物質や脂肪の排出も進み美肌、ダイエットにもつながります。

 

ただ、リンパが詰まっている箇所は痛いと感じるかも知れません。

 

 しかし、トリートメント後はリンパの流れもよくなり運動をした後のような爽快な気分になります。

実際、全身のリンパが流れ、血行も良くなり、代謝も上がりますので全身運動と同程度の効果があります。

 

ただ、場合によっては、倦怠感などの症状が出る場合もありますので、その際は無理をせず早めにお休みいただければ、翌朝、身体の疲れがスッキリされているのを実感していただけると思います。

 

病気から身体を守るネットワーク 

 

 リンパの働きで大きなものといえば「免疫機能」です。

 

病原菌が侵入してくると、リンパ節がはれることがありますが、それはリンパ節内にいるリンパ球が、病原菌を退治するために戦っているからです。

 

リンパ節で病原菌が退治されれば、脳や心臓にウィルスや菌が入りこむことはできなくなります。

 

異物から体を守るために、なくてはならないこうした免疫機能は、私たちが健康に生きてくためになくてはならないシステムです。

 

風邪をひいた時、よくリンパが腫れるといいますが、これは免疫機能がウィルスと戦っている時なので、このような時のマッサージは、ウィルスを全身に回してしまい、思わぬ高熱が出たり、症状を悪化させてしまう恐れがあります。

 

その時は残念ですが、元気に回復されてから受けにいらしてください。

治ってからの施術は、戦い終わったリンパ球を老廃物として外へスムーズに出してあげられますので、回復後のケアには最適です。

 

リンパの流れが良くなると免疫機能も働きやすくなり、元気な身体を維持していくためにも、非常に効果のあるトリートメントになります。 


 

病原菌からの優れた防御機能

 

ンパ節の構造はフィルター状になっていて、白血球の仲間でも最も強いリンパ球が作られています。

 

リンパ球のほかに、リンパ節の中では、「マクロファージ」と呼ばれる処理細胞がつくられていて、リンパ球が退治した菌などの残骸を食べてくれます。

 

こうした働きによって、リンパ節の中では病原菌をなかったことにして、身体を守ってくれるわけです。

 

身体の中に800あるともいわれるリンパ節が、病原菌のフィルターの役目をしており、リンパ球やマクロファージ、その他の有益な細胞を作るネットワークが、正常に働いていることで、健康が維持されています。

 

正常に働くリンパの流れによって、老廃物の排出もスムーズに行われていきます。きれいなリンパ液が流れることで、細胞への栄養補給が進み、細胞の活動が盛んになるので、アンチエイジングにもつながっていきます。  


 

老廃物のろ過機能を果たすリンパ

 

もうひとつリンパには、大きな働きがあります。それは「老廃物のろ過機能」です。

 

リンパ液は無色透明の液体ですが、その中身は、タンパク質や脂肪の栄養素と、細菌、ウィルス、乳酸、アンモニア、尿酸などです。

 

身体に不要のものは、老廃物と総称していますが、これらの老廃物を回収しリンパ節を通過するたびに、老廃物をろ過する仕組みになっています。

 

毛細リンパ管から太いリンパ管を流れ、いくつものリンパ節を通って、最後にはキレイになったリンパ液が静脈に流れ込み、心臓へと戻っていきます。  


 

リンパ球の働きが健康を左右

 

リンパ管に取り込まれる物質は、細胞の周りにある「組織液」だけでなく「腫瘍細胞」も取り込まれます。

 

腫瘍細胞は増殖能力が非常に激しい細胞です。腫瘍細胞が入り込んできたとき、もしリンパ球の働きが弱まっていると、増殖する腫瘍細胞を抑えることができなくなります。

 

体内のリンパ節では、懸命に退治しようとしますが、退治しきれなくなると腫瘍細胞は身体のあちこちを巡るようになってしまいます。

 

それが「ガンの転移」となって病気の進行になっていきます。リンパ球がいつも正常に元気に働くことが、私たちの身体の健康を左右するといってもよいくらい、リンパの働きは大切です。


健康できれいなリンパ液が、体内を循環することが、病気の予防、ガンの進行阻止、アンチエイジングへとつながっていきます。

トリートメントに効果的な水分補給

 

トリートメントをより効果的にする方法として、トリートメントの前後に水か白湯を飲みますと、翌朝のスッキリ感にかなり差が出てきます。

特に施術後の水分補給は疲労やコリ、むくみなど身体の不調の軽減にも大変重要になってきます。

 

まず、トリートメントの前にコップ一杯の水か白湯を飲んでおきますと、リンパ液の濃度が薄くなりリンパの流れが良くなります。

トリートメント後はリンパの流れも、血行もよくなり老廃物(乳酸、尿酸、アンモニア、脂肪、細菌、ウィルスなど)を排出させやすい状態です。

 

水分補給をしてこの老廃物を尿として排泄しないと、体内に再吸収されてしまいます。

 

トリートメント直後に食事をした場合も同じです。

食事をすると胃に血液が集中するため折角流れやすくなった老廃物が排出されずに 再吸収されてしまいます。

 

施術後は水をお飲みになり、1時間程で排泄されますので、その後お食事されても大丈夫です。

水を飲むことで、翌朝には疲れやむくみも取れスッキリ感を実感されることでしょう。

 

カフェイン、アルコールがNGな訳

トリートメント前後の水分補給として適切な飲み物は 白湯かミネラルウォーターがベスト!! 

 

アルコールと カフェインを含むコーヒー、紅茶、緑茶、コーラ、ドリンク剤等は トリートメントの前後はNGです。

 

アルコールやカフェインには利尿作用があり、 身体から必要な水分まで強制的に排出させてしまいます。特にアルコールは身体の水分を奪い、アルコールを分解するのにも水を使ってしまいます。

 

余談ですが、お酒を飲まれた日の翌朝は超脱水症状になっており、血液ドロドロで血管が詰まりやすく危険な状態です。水を多めに飲むことをお勧めします!


身体を洗う時、何か成分の入ったもの 各種お茶などで洗う人はいません。
純粋な水やお湯を利用します。 身体の中も同じなのです。 つまり水や白湯を飲むと内臓(腸)を掃除してくれて 解毒(デトックス)ができるのです。


普段あまり水を飲まれない方も、トリートメントを受けた当日は白湯かミネラルウォーターで身体の内側から浄化する感覚を感じていただけたらと思います。

ちなみに、インドの伝承医学、アーユルヴェーダ=生命の科学で最も大切な知恵の一つである「白湯」は魔法の飲み物になります。